読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacBook Proの開発環境の構築

プログラミング

この一週間くらいで行った作業について

Ruby

今までほとんどRubyを使ったことはなかったけど、今のプロジェクトでがっつり使いそうなのでプライベートのPCにも
Macはデフォルトでインストールされているけど、rbenvで最新バージョンをインストール

まずはrbenvとruby-buildのインストール

$ brew install rbenv
$ brew install ruby-build

インストール可能なバージョンを確認

$ rbenv install --list

現在の最新バージョンの2.1.3をインストール

$ rbenv install 2.1.3

デフォルトのバージョンを2.1.3に設定

$ rbenv global 2.1.3

続いてBundlerをインストール

$ rbenv exec gem install bundler

Heroku

プライベートでちょっと使ったことはあったけど、新しい会社ではがっつり使いそう
Herokuへの登録とかは以前に完了しているから、heroku toolbeltのインストールについて

herokuの公式ページからパッケージをダウンロードして実行

以下のコマンドを実行して、インストールされたことを確認

$ heroku version

herokuにアップロードするsshの公開鍵を生成

$ ssh-keygen

~/.sshに生成されたことを確認して、herokuにログイン

$ heroku login

ログインした段階では公開鍵は要求されない模様
試しにnode.jsのアプリを作成

$ git clone https://github.com/heroku/node-js-getting-started.git
$ cd node-js-getting-started
$ heroku create

この段階で公開鍵が要求されたので登録

$ git push heroku master

Heroku上にアプリがデプロイされ、無事に起動

Node.js関連

yo

npmを使ってyoをインストール

$ npm install -g yo

プロジェクトでベースにしているジェネレータをインストール

$ npm install -g generator-gulp-ng

ジェネレートして、サーバを起動

$ yo gulp-ng
$ gulp

localhost:9000でアクセス可能