読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職したのでいろいろ書いてみる

転職して、10月より新しい会社で働くこととなりました。
退職エントリとかそーゆーものでもないですが、自分の備忘録や整理みたいな感じで取り留めなく書いてみます。

Why??

前職の環境では自分の考えるスキルセットを身につけることが難しいと考えたから。
新しい会社ではそのスキルセットを身につけることが効率的にできると考えたから。

自分が得意とする領域はフロントエンド、JavaScript / HTML / CSSをそれなりに書けて、アプリケーションのUIデザインもできるプログラマはあんまりいないと思うので、そのポジションは向こう3年くらいは維持する努力をしたい。

それに加えて

  • それなりの規模のWebサービスのインフラ構成の検討やサーバサイドの実装
  • CI環境の整備
  • チーム開発でのお作法

といった感じのことを身につけようと考えている。

前職、前々職のSIerとは異なり、新しい会社はいわゆるユーザ企業で、その中でも新規サービスの企画開発のチームで働くことになったので、良いのではなかろうかと。
サービス開発の初期段階らしく、ビジネス設計やサービス設計とかのフェーズをスキルのある人と経験できるのも嬉しい。

考えたこと

転職のアクションを起こしてから決まるまで2週間程度。でも、ポジショニングや次に身につけるスキル、それに伴う身の振り方についてはそれなりに考えていたわけで。
そういった中での自分の考えを順不同で書いてきます。ただし自分は「プログラマとしてスキルを高めて、その能力を買ってもらえ適切に活かせる環境で働きたい」という考えがベースにあるので、それなりに偏りはあると思います。

腕の立つプログラマの重要性

昔から出来るプログラマと出来ないプログラマの生産性は10倍以上とか言われていたけど、ここ1、2年はそれがさらに顕著というか、腕の立つプログラマを確保することがクリティカルなレベルになってきてるなと。
おそらく、これまでリソースの制約などで出来なかったことが出来るようになったことが要因の、アプリケーションの複雑性の増大や、ビジネス要件や外部影響によるアプリケーションの変更や機能追加のサイクルの短期化が原因ではないかと。
外部連携がほとんど無くて作ったら終わりのようなシステムは、要件さえしっかり明らかになってれば、最悪その辺から人をかき集めてきて人海戦術でなんとかなると思う。
けれども、複数の外部連携がある中での例外処理とかデータの一貫性を保つためのポリシーとか、変更容易性を考慮した実装とかは、出来る人がいるかいないか。出来ないプログラマをたとえ100人集めたって、出来るもんじゃないよね。

しっかり要件定義とか設計をすればいい??
コードを書けないSEでそれが満足に出来る人を見たことがないし、そもそもそういった事を考えるべきということに気づかない。

要求されるスキルの細分化と高度化

自分はフロントエンドを専門にしてるからというのもあるけど、最近のフロント側、特にSPA(Single Page Application)とサーバ側は考え方自体が違います。SPAはどちらかというとiOSとかAndroidのアプリに近い。
どちらもそれぞれ高度なスキルが必要だし、他にもAWSとかのクラウドサービスも本格的に使うとそれこそ専門家が必要になると思う。
確かに、出来る技術者は得意な領域以外のこともそれなりに出来るとは思うけれど、問題はいろんな領域が変化するスピードが早すぎて、自身のスキルをアップデートする範囲を絞らざるを得ないこと。

ふむ、昔の方法でも実装できればいい??
新しいフレームワークや考え方が出てくるということは、その昔の方法にはなんらかの改善されるべき問題が存在するということ。
それが開発するアプリケーションでは問題にならなかったり、低コストで回避する方法があるのなら昔の方法でも。
ただ、それを判断可能なのはその領域の専門家しかいないよね。

とりあえずSPAを昔のJavaScript、サーバ側で画面を組み立てた後のおまけ的感覚の延長で考えるともれなく死ねます。
JavaScriptやったことないような人をあてるのは、もう最悪。

同じ専門領域の技術者がいること

前職を退職する際は、フロントエンドエンジニアは自分一人。
もちろん、別の領域の技術者と話をすることも刺激的ではあるのだけれど、専門分野のスキルの向上という点についてはちと辛い。
新しい技術を全て確認できるわけではないし、それをどのような場面で利用すべきかということも、一人で経験できる数には限界がある。勉強会への出席でカバー出来るといえば出来るけれども、気軽に議論できる人がいる環境というのは、それだけで価値がある。
いい技術者がいる会社にはいい技術者が集まる、というのはそういう点もあるのではないかと。

遭遇するであろう大抵の問題は既知のもの

プログラミングに限らず、よっぽど先進的なことをやっているのでない限り、遭遇する問題のほとんどは誰かが経験している問題だと思う。
逆にそういった事例が全く出てこないのであれば、自分が何かおかしいことをやっている可能性の方が高いように思う。
そういった問題の解決は誰かの経験をおおいに活用すべきだし、何よりそのような問題が発生する可能性があるということを認識している、ということが重要かと。

例えばプロジェクトマネジメントする人なら、人月の神話くらい読んでいてほしい。
明らかに問題が発生する可能性が高いと記述されるような状況を自ら作っておいて、どうしてプロジェクトがうまく進むだろうと考えるのか。

あとSIerのプロジェクトなら、その会社の有価証券報告書とか、システム化対象業務周辺の法令とかには目を通しておこう。
有価証券報告書ではシステム化対象の業務がどのような位置付けにあるかや、注力しようとしている領域がわかる。法令とかは例え担当者が要件に直接書いていなかったとしても、当然制約条件になる。
それをしないで相手に聞いてばっかりだと、なんでそんな当たり前のこといちいち聞いてくるんだよこのやろーと思われます。本当にクリティカルなことを聞いた時に、真剣に考えてくれる可能性が下がります。

マルチスキルとマルチロール

個人的にはマルチスキルは賛成だけど、マルチロールは反対。
特定の階層や範囲の問題を解決する手段として、一人が複数のスキルを有することはいくつもの視点を持てたり相互にフィードバック出来たりと大変よろしい。
自分もフロントエンドに加えて、iOSアプリやデザインもやっているけど、別の領域の知見はおおいに役に立つ。

一方、マルチロールで問題だと思うのは、解決すべき問題の階層が範囲がバラバラになってしまうこと。
人によるとは思うのだけれども、自分は頭のモードを切り替えるコストが高いようなので、例えば2つのプロジェクトに同時にアサインされているとアウトプットの総量が減ってしまうように感じる。
これがプリセールスや障害対応にまでなるととてもとても。
というか、いつ電話が入ってくるかわからない状況って、全くもってプログラミングに適さない環境だと思います。


とりあえず、新しい会社は自分にとって良い環境であると、今のところ認識しています。
自分のいる環境を変えるのも一つの選択肢だけれども、別の環境に行くのも良いかと。
特にIT系の技術者は自分の有用性を証明できるのであれば、それなりのところから声がかかるのでは。その分、無用になれば切り捨てられる可能性も高まるので、日々精進。