読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2012)にEl Capitanをクリーンインストール

プライベートで使っているMacBook Proに、El Capitanをクリーンインストールしました。
Yosemiteの時から、OSのアップデートのタイミングでクリーンインストールするようにしています。
理由は、開発環境をリセットしたり、インストールするアプリケーションやパッケージを整理したいから。あと、Macを使ってるとストレージを圧迫する「その他」を一掃するため。

クリーンインストールの方法については、去年書いたMacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2012)にYosemiteをクリーンインストールと同じ方法で問題なく行えました。
いくつか聞いていた不具合にも遭遇することなく、スムーズにインストールが完了。

設定の変更と、インストールしたアプリケーションなどをメモ。

システム環境設定

一般

  • 「書類を閉じる時に変更内容を保持するかどうかを確認」にチェック
  • 「アプリケーションを終了するときにウィンドウを閉じる」にチェック
  • 「最近使った項目」を5に変更

Dock

  • 「ウィンドウタイトルバーのダブルクリックで」を「しまう」に
  • 「ウィンドウをアプリケーションアイコンにしまう」にチェック
  • 「Dockを自動的に隠す/表示」にチェック

セキュリティとプライバシー

ファイアウォール

キーボード

  • 「キーのリピート」をもっとも速く
  • 「リピート入力認識までの時間」をもっとも短くs

トラックパッド

  • 全ての項目にチェック
  • 「軌跡の速さ」をもっとも速く

アクセシビリティ

マウス/トラックパッド

トラックパッドオプション

  • 「ドラッグを有効にする」にチェックを入れ、「3本指のドラッグ」を選択

今までトラックパッドの設定でドラッグの方法を選択できていたのですが、El Capitanではアクセシビリティの方に移動しています。

アプリケーションのインストール

Apple Store

Xcodeのインストール後は、ターミナルで以下のコマンドを入力してコマンドラインツールをインストール

$ xcode-select --install

インターネット経由

ChromeはHomebrew Caskでもインストールできるのですが、1Passwordのエクステンションをインストールすることができなかったのでホームページからダウンロードしたものをインストールしています。
Carthageは今まではhomebrewで管理していたのですが、OSのアップデートでSwiftのバージョンが2にあがり、ビルドできなくなってしまったのでここからパッケージをダウンロードしてインストールしています。
インストールしたパッケージを削除する時はMacでインストールしたパッケージを削除するを参考に。

Homebrew

  • git
  • nodebrew

nodebrewでnodeをインストールする際にFailed to create the fileのエラーが出たので、以下のコマンドでディレクトリを作成。

$ mkdir -p ~/.nodebrew/src

Homebrew Cask

以下のコマンドでCaskをインストール

$ brew install caskroom/cask/brew-cask
  • Dropbox
  • iTerm2
  • Atom
  • PSequel
  • AppCleaner
  • Flux
  • CheatSheet
  • Alfred
  • Colors

ひとまずはこんな感じで。
El Capitanになって、画面の切り替えなどがスムーズになったような気が。
ライブ変換は最初は戸惑うけど、変換精度もかなり高くて便利かも。
Split ViewはWindow Tidyを使うから、自分はあまり使わないような気が。左右だけじゃなくって、上下とかも対応していたらよかったのですが。