読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2012)にYosemiteをクリーンインストール

2012年12月に購入したときはMountain Lionが入っていて、その後のMavericksはアップグレードインストール。
開発環境とか一度リセットしたいと思っていたところなので、Yosemiteの公開に合わせてクリーンインストールすることにしました。

バックアップと通常アップグレード

外付けHDDにTimeMachineのバックアップを作成して、普通のハードディスクとして利用しているパーティションに必要なファイルをコピー。
それが完了したら、一度App StoreからYosemiteに通常アップグレード。
少し時間がかかります。

Yosemiteクリーンインストール

アップグレードが完了したら、再起動。
起動時にコマンドキー+Rを押しっぱなしにして、復元システムを起動します。
ディスクユーティリティで、今までOSが入っていたディスクをバッサリ消去。
その後Mac OSユーティリティからOS Xを再インストール。
これでYosemiteクリーンインストールができます。

この時インターネット経由でOSをダウンロードすることになるので、やっぱり時間がかかります。
通常アップグレードの段階でインストールメディアを作っておいたほうが、後々のことを考えても良いかと思います。

システム環境設定

この辺は備忘録的に。

  • 一般
    • 「書類を閉じるときに表示内容を保持するかどうかを確認」をチェック
    • 「アプリケーションを終了するときにウインドウを閉じる」をチェック
  • Dock
    • 「ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックしてウインドウをしまう」をチェック
    • 「ウインドウをアプリケーションアイコンにしまう」をチェック
    • 「Dockを自動的に隠す/表示」をチェック
  • セキュリティとプライバシー
    • 一般
      • スリープ解除/スクリーンセーバ解除のパスワード要求を有効に
      • Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」をチェック
    • FileValut
      • 有効に
    • ファイアウォール
      • 有効に
  • トラックパッド
    • 基本的に全部チェック

Yosemiteを使ってみて

デザインはフラットとブラーを基本として、iOSに近づいた印象です。
通知センターのデザインはほとんどiOSのものと一緒。 さて、事前にバックアップをとっていた外付けHDDなのですが、どうも壊れているような。
確かに少し前から調子が悪かったけど。
2つのパーティションのうち、1つはマウントできず、もう1つはアンマウントできず。
ファイルの救出はできたから、あまり期待せずに再フォーマットをしてみます。

そういえば何かSafariが固まるときがたまにあります。なんかJavaScriptまわりかな。。
iPhoneとブックマークの同期がとれるから、基本はSafariを使いたいのですが。
まあSafari艦これはできないからどのみちChromeは入れるのですが。

これから順次開発環境をセットアップしていきます。